« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月19日 (木)

展示会レポート vol.1

ギャラリースタッフがお客さんとして見に行った、
お勧めの展示会をご紹介します。

まずは、初台オペラシティにて開催中の、
伊東豊雄氏は、今年度のル・ベイン デザイン塾の
講師として講義を頂きました。
その際にもご紹介頂いた、【エマージング・グリッド】
の概念を体感できる展示会となっています。

氏の近年の建築に多用されている緩やかで波状の
ファザードに代表される、複雑で豊かな秩序を内包する
【エマージング・グリッド(生成するグリッド)】
という概念をもって、有機的な空間を形成したいという伊東氏。
高度な建築技術が可能にした、有機的な建物の数々。
今までの建築に対するイメージが覆される、まさに目から鱗な
展示会でした。

波状の床に展示された模型、たくさんの映像資料、
屋根の模型まで。伊東氏のアイデアが解りやすく、
細かく、そしてダイレクトに伝わってきます。

私のように建築の知識に対して全くの初心者でも
柔軟な発想と非凡なアイデアを心から楽しめる展示会です。
是非皆様足を運んでは如何でしょうか?

展示会に行くたび、展示の内容は勿論の事ですが
照明や使用している機材、パネルの素材などに目が行きます。
『設営に苦労されたんだろうなあ・・・・』と裏側を
見つめてしまうのは職業病と言うものでしょうか?
展示場所によって様々な設営方法があり。
ハルパネの美しさに見とれ、照明を気にし、
プロジェクターの立派さにうらやんだり・・・
そういう点でも、伊東さんの展示は本当に大規模で、
作品も多く、非常に見ごたえがあります!

次回の弊社企画展の際は、ギャラリール・ベイン
展示会設営の裏側についてもお知らせしたいと思います。
どうぞお楽しみに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

今年もいよいよあと・・・

只今le bainでは、現代茶の湯の道具展開催中です。
パテオの内田繁氏の茶室を始め、
掛軸や鉄器、器などの茶道具が並びます。
一流の作家が作り出す、茶器の数々を是非ご覧下さい。
茶の湯の知識がない方でも、その素晴らしさに
思わず見とれてしまうのでは。茶の湯のウツツをお楽しみ下さい。
また、お向かいのギャラリーMITATEでは 
ふくよかさんがゆく 開催中です。
粟辻早重さんが二人の娘さんのために作ったことがきっかけの、
ふくよかなドール達。地下のショールームle bainでも
可愛らしいポーズをきめて皆様をお待ちしています。
le bainにご来場の際は、ぜひ合わせてご覧下さい。
Hukuyoka02
Hukuyoka01
気が付けば10月も半ばを過ぎ、今年もあと2ヶ月と少しです。
ギャラリーle bainが年内に予定している展示会も、
今回含めあと4つとなりました。
ウルキオラ+パトリシア展の後にもとびきり素敵な展示会を
企画しております。詳細はまた後日お知らせいたしますが、
私も今から非常に楽しみな企画ばかりです。
MITATE共々、是非是非ご注目ください。
ギャラリーle bainからDMをご希望の方は、
お名前、DM送付先をご明記の上、
gallery@reliance.co.jp までメール下さい。
貸しギャラリーのお問い合わせもお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

展示会のお知らせ JAXSON RESORT STYLE COLLECTION 

JAXSON RESORT STYLE COLLECTION 

2006.10.10(TUE)-10.15(SUN)
11:00-19:00 最終日は17:00まで
レセプション:10.13(FRI)19:00-21:00

浴槽をインテリアとして昇華させ、
ブランド構築に邁進したジャクソン。
2006年8月より株式会社リラインスにて
JAXSON製品の取り扱いがスタートいたしました

そのお披露目として、展示会を開催いたします。
“浴”へのこだわりを持つJAXSONのご提案する
空間をお楽しみください。

レセプション:10.13(FRI) 19:00-21:00
ささやかなパーティーを開催いたします。
お誘い合わせの上、ご来場ください。

ジャクソンが提案するリゾートスタイル、バルカ。

ミラノサローネでは、日本のバスタブメーカーとして
唯一、招待作品の展示を行いました。

その洗練されたスタイルは今までのバスタブ、
そしてバスルーム空間のイメージを全く新しいものへと
変換させます。

バスタブが主役の、ラグジュアリーな空間。

ギャラリーに、パテオに並ぶバルカシリーズを
是非ともご体感下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »